teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


AkiraSatoの素描画10

 投稿者:宮毘羅  投稿日:2009年 5月 3日(日)13時54分21秒
  ゴールデンウィークは世界遺産を見に行こう。  
 

AkiraSatoの素描画9

 投稿者:宮毘羅  投稿日:2009年 4月12日(日)09時28分15秒
  現在では、世界遺産登録後の整備で建物は綺麗になりました。  

AkiraSatoの素描画8

 投稿者:宮毘羅  投稿日:2009年 4月12日(日)09時25分42秒
  飛騨の合掌造り民家です。このスケッチがされた頃はほとんどが農家でした。  

AkiraSatoの素描画7

 投稿者:宮毘羅  投稿日:2009年 4月12日(日)09時23分33秒
  福島県の大内宿の素描です。この地区は街道集落として町並み・民家保存のトラスト運動がはじまった頃から有名でしたので、早くから指定を受けられ現在でも美しい景観を保っています。  

ハンドルネームのこと

 投稿者:宮毘羅  投稿日:2009年 3月15日(日)07時23分47秒
  宮毘羅(メインハンドル)=くびら 時に宮毘羅空海、宮毘羅不空、宮毘羅@黒猫院などとも書きます。宮毘羅は薬師如来を教主とする瑠璃光浄土(るりこう じょうど)の武装勢力で、薬師如来と直轄配下の日光菩薩の眷属(けんぞく)である十二神将(じゅうに しんしょう)の筆頭です。

また別の解釈では、四天王をそれぞれ3体ずつに機能分化させた象徴が十二神将であるとも言われており、宮毘羅大将は多聞天と同体とされます。四天王が護る須弥山(しゅみせん)の管理者は帝釈天ですが、その梵名(ぼんめい、サンスクリットネーム)をインドラと言います。これは十二神将の因達羅大将と一緒ですので、四天王筆頭の多聞天との関係は時代によって解釈が異なります。
多聞天は毘沙門天と同体です。京都の蓮華王院三十三間堂では、千手観音坐像の四方に守護として毘沙門(ビャイシュラバーナ=びしゃもん=多聞天:北方守護)・毘楼博叉(ヴィルーパークシャ=びるばくしゃ=広目天/醜目天:西方守護)・毘楼勒叉(ビルーダカ=びるろくしゃ=増長天:南方守護)・提頭頼叱(タラーシュトラ=だいずらーだ=持国天:東方守護)の構成で置かれています。

独立尊としては、毘沙門天、金毘羅など。密教(真言)の諸尊が好きで宮毘羅をハンドルネームにしています。
 

AkiraSatoの素描画6

 投稿者:宮毘羅  投稿日:2009年 3月 1日(日)09時25分53秒
  信州の諏訪から松本あたりまでに見られた本棟造りの民家のスケッチです。約30年位前までは、諏訪の角間新田あたりで見たことがありますが、旧街道沿いの本陣・脇本陣などで使われた建築であるゆえ、保存民家の形でしか残っていないと思われます。  

都をどり2009

 投稿者:宮毘羅@黒猫院  投稿日:2009年 1月25日(日)16時06分11秒
  昨年は、かぐや姫が月へ行く趣向を凝らした浄瑠璃でありましたが、今年は「お染久松」。これは「染模様妹背門松(そめもよう いもせのかどまつ)」の方ではなく、「新版歌祭文」の方。登場人物はお染/久松のほかには、お光のみで7分30秒の超特急・ダイジェストとのことです。(情報元は燕チケット本部)どんな「お染久松」になりますか、お近くの方は是非4月は祇園甲部歌舞練場へお越しください。  

行く年・来る年

 投稿者:宮毘羅  投稿日:2008年12月31日(水)17時31分12秒
  2008年に初めてネットでお会いした方、実際にお会いした方々、いろいろありがとうございました。2009年も黒猫院・黒猫院学林を少しずつも充実させて参ります。今後ともよろしくお願い致します。  

AkiraSatoの素描画5

 投稿者:宮毘羅  投稿日:2008年12月28日(日)16時41分33秒
  八ヶ岳中信高原国定公園の旧・国鉄最高点を走る小海線と八ヶ岳主峰赤岳  

おしらせ

 投稿者:宮毘羅  投稿日:2008年12月25日(木)08時52分13秒
  NHK FM
新春邦楽特選>
平成21年1月3日(土) 17時~18時
(素浄瑠璃)
「碁太平記白石噺」
浅草雷門の段>
豊竹咲大夫・鶴澤燕三・鶴澤清志郎

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

紀尾井小ホール 女義太夫新たな世界

平成21年2月24日(火)18:30開演(18:00開場)
平成21年2月25日(水)14:00開演(13:30開場)

加賀見山旧錦絵(かがみやま こきょうのにしきえ)

草履打の段
浄瑠璃:竹本越孝・三味線:鶴澤寛也

長局の段
浄瑠璃:竹本駒之助(国宝)・三味線:鶴澤津賀寿

奥庭の段
浄瑠璃:岩藤 竹本越若
    お初 竹本越京
  安田庄司 竹本越春・三味線:鶴澤駒治

>囃子 望月太左衛社中

人形:文雀・和生・玉女・玉英・玉志・清三郎・勘市・玉佳・文哉・玉勢・簑紫郎・玉翔・玉誉・簑次・
勘二郎・玉若

>解説:水野悠子

紀尾井小ホール(紀尾井ホール5階)http://www.kioi-hall.or.jp
東京都千代田区紀尾井町6-5

料金:全席指定 6000円
チケット予約:紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061
電子チケットぴあ pia.jp/t 0570-02-9999
イープラス http://eplus.jp/
 

レンタル掲示板
/16