teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


お答えになっています!

 投稿者:  投稿日:2013年 7月 3日(水)11時06分56秒
  お返事を頂けて嬉しく思います。
ありがとうございます!

突然のメールは良くないかなと個人的に思い、メールは遠慮しておりました。
でも、メールでも構わないとおっしゃって頂いたのでメールで返信させて頂きます。
 
 

Re:卒業論文の書き方

 投稿者:茅野  投稿日:2013年 7月 3日(水)09時40分17秒
  久々の書き込みありがとうございます。

卒論でいろいろ苦労なさっているようですね。私は心理専攻ですから、心理の卒論が前提になること、ご承知置き下さい。

> 論文中に書く言葉として「この研究(論文?)は~を目的として~」の「この研究」を指し示す言葉は「当研究」「本研究」「この研究」のうち、いずれで書くのが最も相応しいのでしょうか?

 我々が使うときは、「本研究」が一番多いかと思います。

 こうした卒論の書き方に通じるものとして、関連論文があるかと思います。書籍ではないですよ。いわゆる学会誌と言われているものです。心理学ですと、「心理学研究」という学会誌があり、これはWEBでだれもが創刊号(明治時代です)から閲覧できるようになっています。そうした論文における言葉の使い方など、卒論の参考になるかと思います。

 お答えになっているのでしょうか?詳細につきまして、さらに質問等あるようでしたら、遠慮せずメール下さい(この掲示板でもいいですけど)。
 

卒業論文の書き方

 投稿者:  投稿日:2013年 7月 2日(火)15時14分7秒
  こんにちは。
こちらへ訪れるのは、ちょうど2年ぶりになります。
お元気にされているでしょうか。

私のほうは現在、卒業論文を作成しています。
8月15日までの提出期限がるにも関わらず、ほとんど手付かず状態で困っています。
というのも卒業論文担当者との相性といいますか、気が合わずでして・・・。
言われた事を次回、面接時までにやっているのですが「なんでこうしたの!?」と言われたり、「これはどういう意味?」「これはこうでしょ!」「それおかしいでしょ」「これが普通。常識よ」「普通はそんなこと考えないから!(笑)」などなど、すべてにおいて否定から入り、教授自身が前回の指示を覚えていなかったり・・・。
それでも、論文作成をしなければならないので、自分なりにやっていると当然、疑問点が出てくるわけですが、教授への質問項目としてメモをして面接時に持っていっても質問時間を設けてもらえず・・・。
一方的に、そして感情的に大きな声でわぁわぁと言うだけ言って「もう時間がないから!会議があるのよ!」とこれまた一方的に帰らされて・・・。

私の能力があまりになさ過ぎるのは重々承知おり、それゆえ教授をイライラさせてしまっているのだろうと私自身は考えておりますが、質問をさせてもらえない事には先へ進めずでして・・・。
最終的には「本を読んで!」と言われてしまって本を読んではいるものの言葉遣いなどの注意事項が書かれておらず、質問できる人もおらずで困っています。

もし、よろしければお返事を頂けないでしょうか。
論文中に書く言葉として「この研究(論文?)は~を目的として~」の「この研究」を指し示す言葉は「当研究」「本研究」「この研究」のうち、いずれで書くのが最も相応しいのでしょうか?
 

お返事ありがとうございます。

 投稿者:メール  投稿日:2011年 6月27日(月)19時53分24秒
編集済
  そうですね。パソコン側では自動的に修正してくれています。
小学校時代は山のように作文を書かされますが、そのときは確かに行の最後にくる句読点は1マスにおさめていました。
しかし、ここで個人的解釈(思い込みになるのかな)が問題となってしまうのですよね・・・。
レポートと作文は「内容の書き方」が異なるのですが、書き方までレポートと作文を区別してしまいます。
内容と書き方は別物なのですけれどね・・・。

レポートの書き方の本を探して見てみます。
お返事ありがとうございました。
 

Re:レポート添削結果の講評

 投稿者:茅野メール  投稿日:2011年 6月27日(月)18時23分43秒
  > わざわざレポートの内容以外での指摘をくださり、本当にありがとうございました。

 原稿用紙の使い方を忘れていらっしゃる方は少なくありません。通学課程の学生さんでも,そのような方がいますね。パソコンで文章を書く場合は,先のようなミスをパソコン側で自動的に修正してくれていますので,気づかない方もいらっしゃるのかもしれません。
 でも,皆さん,小学校で習っているはずなのです。

 こうした原稿用紙の用い方などは,パソコンが普及したとしても基本は変わりませんので,「書き方」の本などで,一度確認するとよろしいかと思います。
 

ありがとうございます

 投稿者:メール  投稿日:2010年 8月23日(月)22時30分8秒
  実験はあったのですね。
図書館へ行くなど情報を集めてみます。
お忙しい中ありがとうございましたm(_ _)m
 

Re:視覚について

 投稿者:茅野メール  投稿日:2010年 8月23日(月)21時51分5秒
   動物がどのように外界を見ているかについて、とのことですが、詳しいことは私も存じていません。ただ、動物に関する書籍がたくさんありますので、そうした書籍に海さんの問に対する答えがあろうかと思います。
 ハトやサルに錯視図形を見せる実験があったことは存じていますが、結果までは調べてみないと・・・。
 お役に立てず申し訳ありません。
 

視覚について

 投稿者:メール  投稿日:2010年 8月23日(月)17時44分24秒
  お世話になります。
本日のスクーリングの視覚についてご質問させてください。

人間の目は、ほぼ水平の位置に2個あります。
2個の目から得た情報を脳がひとつに統合し、2個の目から得られた情報はひとつの像として認識されるようになりますよね。
では、猿の視覚はどのようになっているのでしょうか?
例えば、人間がひとつのサイコロを見た場合、立体的に見えますし、ひとつに見えます。
猿やチンパンジー、ゴリラなど人間の姿に近い動物から同じひとつのサイコロを見た場合、どのように見えるものなのでしょうか?
事実は動物本人にしかわからないであろうとは思いますが、何か実験結果などの情報があれば教えて頂きたく思います。
また、馬のように目が真横にある場合はどのように見えているのでしょうか?

宜しくお願い致します。
 

ステレオグラム2

 投稿者:茅野メール  投稿日:2009年 9月10日(木)18時41分32秒
   僕が教えているのは交差法になるのかもしれませんね。立体感がつかめればよいのですが・・・。
 先日お話しした紙のスコープとは、仕掛けは簡単です。2つの筒をくっつけたものでステレオグラムを見るのです。補助点となる左右の2点について、右目で右の点を、左目で左の点を見るようにしているのです。このスコープを除いて、2点が1点になると、立体視ができるそうです。僕が持っているスコープ付きの本は残念ながら品切れのようです。
 もう少し工夫してみて下さい。
 

(無題)

 投稿者:細淵 真一メール  投稿日:2009年 9月 9日(水)21時22分35秒
  ありがとうございます。
授業でも教わっているのですが・・・見えなかったのです(T-T)sorry.
もう少し頑張ってみます。見えるといいなぁ。

講評がアップされましたら拝見させていただきます。
 

レンタル掲示板
/11